2017-08-20

バイク

バイクがこわけたので売った。

黒いマグザムで静岡の人から買い、直接手渡し、ツーリングしながら帰ったのが2年前。
今回のバイクにもいろいろな思い出があったが、最初のツーリングしながら帰った日からすでにアイドリングに不安を感じたし、黒いマグザムかと思ったら、ちょっとだけ茶色が入ってて「お!いいじゃん」と思ってよく見たら、後ろにデカデカと「メタルオート」というステッカー跡を発見。ヘルメット収納部分を削ってまで車高を低くしてあったので、スクーターの利点である収納スペースがあまり無かったし、車高が低すぎて、下をコスって壊れた。買って1か月もしないうちに修理代7万飛んだ。バイクが必要な時にエンジンがかからない事が頻繁にあったし、バイク旅行の当日にもちゃんと壊れた。さほどバイクが必要じゃない日もやっぱり壊れていた。走行中にブレーキワイヤーが切れた時は死ぬかと思ったし、走行中によくエンストもしたので死ぬかと思ったし、最後に壊れた日も走行中にエンストしたので死ぬかと思ったし、真夏の炎天下の中、バイクを押して1時間以上というのも死ぬかと思った。

とはいえ、数回くらいは旅行も出来たので売った瞬間は「ああ、しばらく不便になるなあ」と寂しい気持ちになったが、買った瞬間からのハズレ感は最後まで払拭できず、思い出のほとんどが苦かったため「もともと不便だったわ!」という怒りのような感情に切り替わった。

バイクを積んだ業者が去って行くのを見届けて、しばらくしてからバイクのカギを渡し忘れた事に気がついて、自転車で届けた。で帰宅して、今度はバイクの中にヘルメットを入れたままだった事に気がついて、また自転車で取りに行った。

最後の最後まで相性の悪いバイクだった。

2017-08-16

いろいろ

夜、彼女が仕事から戻るとワイファイが壊れた事を報告した。
起きたら急に壊れていて、原因不明だからたぶん無償交換じゃないかという事も付け加えた。すると彼女はなぜか「原因不明ではないよ」と言うので

「え!壊したの?」
「私じゃないよ。ナオが酔っ払って昨日ワイファイ蹴ってた」
「え!僕、ワイファイに恨みなんてないよ!あんなの蹴ってもつまんねーし」
「こっちが聞きたいし何回も蹴ってた。他にもこっちが聞きたいような事は毎日たくさんあるよ」
「そういった質問や報告は受け付けておりません」
「あ、そう。でもワイファイはなんとかしようね」

という事で、原因は厄災ではなく僕だった。
サポートセンターに問い合わせて、言われた手順で復旧作業をしたら直った。
結局のところ、ONUやルーターは壊れておらず、蹴り飛ばした事によるランケーブルの破損だった。安く済んだ。うわあい。


エアコンも直った。修理業者が「これは完全に直すにはエアコンの設置し直しが必要かも」と言うので「いくらかかって、何時間かかりますか?」と聞くと「ウチは高いんで、計7万くらいで、時間が〜」「応急処置だけにしてください!」と即答した。エアコン買った金(設置費用含む)より高い。電話で修理をお願いした時は「安くて6000円ですが、1万だったり2万だったりします」と言っていたが、いま7万円という数字が軽々しく出てきて、めまいがした。
もちろんこの業者さんに罪はない。その料金設定でやってこいと言われているだけで、この人達がボロ儲けしている訳じゃない。というかボロ儲けしている気配がない。パチンコどーやったら勝てますかとすごい聞いてくる。サラリーマンが勝つには運です、と答えた。
結局、応急処置というか、エアコンあるあるのガス抜けが原因で、設定し直しと言う根治はさせず、とりあえずガス注入で終了。25000円。電話で修理をお願いした時は「安くて6000円ですが、1万だったり2万だったりします」のあの最安値6000円コースとは一体どれほど軽傷だったのだろうか。リモコンの電池切れでも上乗せ電池代は取られる気がする。コンセントが抜けてた、とかだろうか。

あとはバイクが片付けば、一応は解決。売りたくないけど、彼女は売れとしか言わない。壊れるたびにパーツが新しくなるわけで、もう少し修理したら完全復活の予感もあるのだが「スロットで1000ハマりした後に必ず連チャンするかと言うと、そうでも無いでしょ」と言われてしまっては返す言葉もない。僕に響く言い方をしやがる。

なんとなく、いろいろ解決だなあと2人で安堵した時、大仏バーナイトの事で大仏くんからのメールに気が付いた。フライヤーの画像データや、パーティー詳細が書かれていて、そして入り時間を教えてくださいと書いてあった。DJでもないので入り時間は返信しない。

この真夏の真昼に、カーテン全開のこのリビングが暗く感じた。

酒に寄ってワイファイを蹴って壊すのはまあ良いが、恨みもない人を蹴ったりしない事を願う。蹴ってしまった後に反撃に合わない事はもっと願うし、急にヤル気が出てチャンピオンになろうとしない事を1番願う。

チャンピオンになるとまた来年もベルト返還で参戦で、負のスパイラルが止まらない。



2017-08-14

厄災

寝室のエアコンが壊れたので、とりあえずリビングにベッドを移動させてワンルーム生活になった。すぐに業者が来てくれそうなので別に気にしない。

バイクは完全に壊れた。ヒューズが切れていたけど換えても直らず。コレは相当金がかかりそうなので売り払う事も検討せねば。ダイエットがてら自転車で行動するので気にしない。

ワイファイも壊れた。ワイファイどころかネットも繋がらないのでルーター買い替えねばならない。ルーターなんて安いから気にしな…くない!なんかおかしい!

これは墓参りするとかしないとかじゃない。厄年のせいじゃないかと思えてきた。厄災が忍び寄ってきている。というより、堂々とこっちに向かってきている感じがする。なんなら「おーい」と手を振りながら向かってきている。

こんな時期だから健康診断と大仏バーナイトだけは行きたくない。どちらも僕にメリットはなく、デメリットの可能性だけはとんでもないポテンシャルを持っている。大仏バーナイトなんて厄災確定じゃないか。大仏くんという名の厄災が「おーい」と手を振りながら向かってきている。

大仏バーナイトまであと1週間。気持ちが暗くなってきた。来週の今頃は足が震えている。当日は新幹線に乗る前に姪っ子に電話する。渋谷駅に着いたら、オルガンバーにタワレコの方から大回りして向かう。くれたけビルに着いたら、階段を登る前に両手で頬をパンと叩く。

ああ、またこの日が来るのか。

2016-06-19

大穴

6月17日。久しぶりに渋谷でDJ。
昼3時過ぎの新幹線なので午前中は家でだらだら。

彼女とテレビを観ていたら占いランキングがやってた。僕は2位で「救世主あらわる」で、彼女(看護師)は1位で「仕事の本領発揮」だった。何かしらの示唆がハンパないので、とりあえず「なんか、ごめんね」と謝っておいた。彼女は「1位の気がしない」とわめいていた。

準備をして出発。
夕方に渋谷に着いたものの、やる事がない。まったくない。
加藤さんと合流して、下北のサムライでカレーを食べて20時。もうやる事がない。
DJ前に居酒屋は避けたいので仕方なく満喫。思いのほか刃牙にハマる。

23時。渋谷OTOへ。10分もしたらツー君が来て、1時過ぎにクボタさんも来た。
2時から3時までが僕の出番で、それはまあサクサクと時間が流れた。今日は乗り切った。
と思ったら大仏君が来た。オルガンバーをちょっとだけ抜けてきたのだそうで、もちろん、今朝の占いで言っていた「救世主」は彼ではない。

DJ中にショット飲んだりしていたのもあってか、現実から逃げようとしたのか、もはや彼の姿を見るとスイッチが切れる体質になっているのか、大仏君の顔を見た瞬間から5分と持たずに記憶が無くなった。その後、大仏くんと何を話していたのかは分からないが、大仏バーナイトへの招待が無かったことを願う。あったとしても承諾していないことを願う。初夏に大仏くんに会ったり、電話があったりすると必ずコレの予感がする。

その後は彼女を呼びつけて、ひそひそ声で「いまから秘密の企業をやるから、ナホも手伝ってくれ」と誘った。意味が分からないのでこれはもう意識飛んでると判断した彼女は詳細を聞かずに「分かった!」と快諾して僕からすっと逃げて、フロアの暗闇へ姿を隠した。あとで聞いた僕本人もそれは完璧な対応だと感心したが、結果はというと、暗闇から彼女を見つけだして「ナホのせいで儲け損なったじゃないか!」と大噴火したらしく、自分のことながら「こんな奴から逃げようがねーよ」と思った。週末の明け方に、そんな短時間で、僕は何を転がしてボロ儲けしようとしたんだろう。
あまりにしつこく怒るので外に連れ出すと、しばらく怒ったのちに倒れて終了したそうな。



僕の記憶では、大仏君の顔を見た後、パッと景色が変わって、ツー君の家で、もう次の日の昼だったが、とくに驚きはしなかった。彼女が昨日の介抱の大変さをアピってきた。まあ「救世主だったから仕方ないよね」と、苦し紛れに占いのせいにしてみたが、意外と効果があった。一緒に階段から落ちたらしく、僕も彼女も身体にはたくさんのアザがあったが、人格が入れ替わらなかったのでヨシとする。

せっかくの東京なので、ツー君夫妻と四人で浅草に行った。
まずは初の神谷バーにて電気ブラン。立ち飲みの席で四人でイッキして移動。
彼女が初と言う雷門は工事をしていて、五重塔も工事をしていた。
ハンバーグ食べて、バッティングセンター行って、ホッピー通り?という所へ。
すごいお客の量で、結構若い子もいて、浅草ってこんななんだ、良いじゃないか!と感動した。
とりあえず一通り見てから、さてどこに入りますかとなったが、どの店もぱんぱんだから無理っぽい。ヒロミちゃんが「ゲイの人がやってる大穴物語って店に行こう」と言うが、こんな調子ではおそらく座れないし「ゲイの人がやってる」という部分を推されても、じゃあそこにしよう!とはならない。そこはやめようとも思わないが、まったく響かなかった。
無理を承知で大穴物語を発見。こんなに人が溢れているホッピー通りにして、一体何が起きたんだと聞きたくなるほどにこの店だけ客がいなかった。

とりあえず座って飲み始める。63歳のゲイの人がオーナーで、50過ぎくらいのゲイの人と60以上のおばちゃんが従業員。店の中でとにかくクセの強い歌い方をしていたおじいさんはお客だった。ゲイの人ふたりとも外見は女装しないが、がっちりとオネエ口調だった。

なんだかみんな飲み始めるし、じゃんじゃん振舞ってくれるし、みんなよく笑う。
ココは下北沢で、いま平林さん達と飲んでるんじゃないかという懐かしい感覚になって、僕はこの店がめちゃくちゃ気に入った。

僕は気に入ったが、このいっぱい話しかけてくる感じ、メニューが少ない感じ、そのメニューにもさらに品切れがあるという選択肢のなさ。すでにお店の人が全員なかなか酔っている。カラオケを勧めてくる。いろいろと「これは若い人にはハードル高いだろうな」と思ったし、実際に何組か若い子達が店に入るも、メニューを聞きに行かずに僕らと飲んでたこともあり、何も頼まずに去って行った。


名古屋に戻らなきゃ行けないので、20時に店を出たが、本当はもっと居たかった。
会計が恐ろしく安くて「え?ひとり○○○円?え!四人でこれ?あんなに飲んだのに!?」と何度も聞き返した。家で飲むよりも安いかも知れない。

過去に経験したことのない値段で、江川卓が言うところの「辞書にないコース」だった。

2015-12-27

10周年

昨日は渋谷ラッシュでDJしました。
僕の10周年を祝っていただきました。

なんというか、11月の富山の件が渋谷にも広がっていて「神谷に酒を飲ませるな」的な空気がありまして、主催のみっちゃんから「ロンリコはダメだよ!」と念を押されましたが、そもそも僕は自発的にロンリコが飲みたいと思った事は一度もない。ロンリコを飲まなきゃいけないという場面には何度も遭遇したが。

これは、このまま守られた感じでDJを終えたら、無難に始発の新幹線で帰れる。
そして明日は年末の大掃除をして、夕方からスロット爆勝ち。
という希望がうっすら見えた。

そんな穏やかな年末も悪くない。とぼんやり考えていたら、妙に鼻息を荒くした高橋くんが現れた。元OTOのスタッフだが、いまは近くのファミリーというクラブで働いているそうで、なんなら今からちょっとファミリーに飲みに行きませんか、ロンリコどーですか。出番は3時ですか。まだ時間ありますね。逆に出番前にロンリコどーですか。的な。
不吉な予感しかしないが、軽めに断ってみるとそれはそれは悲しい顔をされたので、僕は高橋くんよりさらに悲しい顔で「よし、ファミリー行こうか」と言った。

ファミリーには、僕と高橋くん、カツヤくん、ともう一人の四人で行った。カツヤくんは僕の見張り的な。御守り的な。
ファミリーに入って店長に挨拶。ああー、神谷くんか。床に転がってるの見た事あるよ。よく言われます。といういつもの感じ。
カツヤくんのおかげでロンリコは勘弁してもらえたし、ショット2杯で済んだが、このファミリーの店長が今日誕生日という事でショット+1。これは断れない。
まだこの程度なら大丈夫だが、このタイミングでこれを引くあたりが僕だよなと思った。

さすがに10周年を祝ってもらっているのに、他の場所で長居するのは良くないので、ショットの前に頼んだウーロンハイを四人でイッキしてラッシュに戻ろうという事にしたが、カツヤくんが「このウーロンハイが分岐点になる。これはイッキしてはいけない」と身の危険を感じ、イッキせず、僕と高橋くんはイッキして先に戻った。

カツヤくんはこの後ベロベロになってラッシュに戻ってきた。
分岐点はどーやらウーロンハイのひとつ前のショットだったのだろう。


ラッシュに戻ると、予想してたよりもたくさんの友達が来てくれていた。ありがたや。
さらに外国の人がふたり僕のファンで、フライヤーを見て遊びに来てくれていて、これがまたとても嬉しかった。この外国の人ふたりとテキーラを何杯か飲んだ。ここが今日の僕の分岐点であったが、迷う事なく、まっすぐにイバラの道を選んだ。


DJを終えたあたりから記憶がなくなって、
気がついたら家に帰っていた。


目を覚ますともう昼で、テーブルには彼女の置き手紙、身体には心電図をとった形跡あり、そして紙おむつ着用という、いま起きたばかりなのに目を覆いたくなる光景が広がっていたので、とりあえずもう一度寝た。夢であってほしい。


夕方、再び目が覚めた。もちろん夢じゃなかった。
しばらくして、彼女が戻ってきた。背筋をのばして正座で出迎えた。

彼女は僕の顔を見るなり、昨日のパーティー後の話を始めた。
開始わずか1分でもう耳を塞ぎたくなる内容だったが、ここで本当に耳を塞いだらビンタ確定、説教の上乗せ確定。怖いからちゃんと最後まで聞いたが、これがまた想像の範囲をはるかに越えていた。
酒癖の悪さで右にも右下あたりにも並ぶ者はいないと自覚していたし、もうこれ以上は無いと思っていたが、上には上がいた。そして、その上というのも悲しい事に僕だった。


話を終えると彼女が泣き出した。
介抱が辛かったからではなく、酔ったあとみんなにバカにされたり非難されたりしてる姿が見たくないと。僕自身は酔った後はみんなにバカにされたり蹴られたりするくらいで良いと思っているのだが、自分を大切にして欲しいのだそう。


こんな怒られ方をされた事がなかったので、僕は少し反省したし、ちょっと涙も出た。
自分を大切にしようなんて、あまり考えるタイプじゃなかったのだけど、これからは気をつけようと思った。

とりあえず早急にできる事と言えば、禁酒しかない。
いや、その前に紙おむつを脱がなければ。