2016-06-19

大穴

6月17日。久しぶりに渋谷でDJ。
昼3時過ぎの新幹線なので午前中は家でだらだら。

彼女とテレビを観ていたら占いランキングがやってた。僕は2位で「救世主あらわる」で、彼女(看護師)は1位で「仕事の本領発揮」だった。何かしらの示唆がハンパないので、とりあえず「なんか、ごめんね」と謝っておいた。彼女は「1位の気がしない」とわめいていた。

準備をして出発。
夕方に渋谷に着いたものの、やる事がない。まったくない。
加藤さんと合流して、下北のサムライでカレーを食べて20時。もうやる事がない。
DJ前に居酒屋は避けたいので仕方なく満喫。思いのほか刃牙にハマる。

23時。渋谷OTOへ。10分もしたらツー君が来て、1時過ぎにクボタさんも来た。
2時から3時までが僕の出番で、それはまあサクサクと時間が流れた。今日は乗り切った。
と思ったら大仏君が来た。オルガンバーをちょっとだけ抜けてきたのだそうで、もちろん、今朝の占いで言っていた「救世主」は彼ではない。

DJ中にショット飲んだりしていたのもあってか、現実から逃げようとしたのか、もはや彼の姿を見るとスイッチが切れる体質になっているのか、大仏君の顔を見た瞬間から5分と持たずに記憶が無くなった。その後、大仏くんと何を話していたのかは分からないが、大仏バーナイトへの招待が無かったことを願う。あったとしても承諾していないことを願う。初夏に大仏くんに会ったり、電話があったりすると必ずコレの予感がする。

その後は彼女を呼びつけて、ひそひそ声で「いまから秘密の企業をやるから、ナホも手伝ってくれ」と誘った。意味が分からないのでこれはもう意識飛んでると判断した彼女は詳細を聞かずに「分かった!」と快諾して僕からすっと逃げて、フロアの暗闇へ姿を隠した。あとで聞いた僕本人もそれは完璧な対応だと感心したが、結果はというと、暗闇から彼女を見つけだして「ナホのせいで儲け損なったじゃないか!」と大噴火したらしく、自分のことながら「こんな奴から逃げようがねーよ」と思った。週末の明け方に、そんな短時間で、僕は何を転がしてボロ儲けしようとしたんだろう。
あまりにしつこく怒るので外に連れ出すと、しばらく怒ったのちに倒れて終了したそうな。



僕の記憶では、大仏君の顔を見た後、パッと景色が変わって、ツー君の家で、もう次の日の昼だったが、とくに驚きはしなかった。彼女が昨日の介抱の大変さをアピってきた。まあ「救世主だったから仕方ないよね」と、苦し紛れに占いのせいにしてみたが、意外と効果があった。一緒に階段から落ちたらしく、僕も彼女も身体にはたくさんのアザがあったが、人格が入れ替わらなかったのでヨシとする。

せっかくの東京なので、ツー君夫妻と四人で浅草に行った。
まずは初の神谷バーにて電気ブラン。立ち飲みの席で四人でイッキして移動。
彼女が初と言う雷門は工事をしていて、五重塔も工事をしていた。
ハンバーグ食べて、バッティングセンター行って、ホッピー通り?という所へ。
すごいお客の量で、結構若い子もいて、浅草ってこんななんだ、良いじゃないか!と感動した。
とりあえず一通り見てから、さてどこに入りますかとなったが、どの店もぱんぱんだから無理っぽい。ヒロミちゃんが「ゲイの人がやってる大穴物語って店に行こう」と言うが、こんな調子ではおそらく座れないし「ゲイの人がやってる」という部分を推されても、じゃあそこにしよう!とはならない。そこはやめようとも思わないが、まったく響かなかった。
無理を承知で大穴物語を発見。こんなに人が溢れているホッピー通りにして、一体何が起きたんだと聞きたくなるほどにこの店だけ客がいなかった。

とりあえず座って飲み始める。63歳のゲイの人がオーナーで、50過ぎくらいのゲイの人と60以上のおばちゃんが従業員。店の中でとにかくクセの強い歌い方をしていたおじいさんはお客だった。ゲイの人ふたりとも外見は女装しないが、がっちりとオネエ口調だった。

なんだかみんな飲み始めるし、じゃんじゃん振舞ってくれるし、みんなよく笑う。
ココは下北沢で、いま平林さん達と飲んでるんじゃないかという懐かしい感覚になって、僕はこの店がめちゃくちゃ気に入った。

僕は気に入ったが、このいっぱい話しかけてくる感じ、メニューが少ない感じ、そのメニューにもさらに品切れがあるという選択肢のなさ。すでにお店の人が全員なかなか酔っている。カラオケを勧めてくる。いろいろと「これは若い人にはハードル高いだろうな」と思ったし、実際に何組か若い子達が店に入るも、メニューを聞きに行かずに僕らと飲んでたこともあり、何も頼まずに去って行った。


名古屋に戻らなきゃ行けないので、20時に店を出たが、本当はもっと居たかった。
会計が恐ろしく安くて「え?ひとり○○○円?え!四人でこれ?あんなに飲んだのに!?」と何度も聞き返した。家で飲むよりも安いかも知れない。

過去に経験したことのない値段で、江川卓が言うところの「辞書にないコース」だった。

2015-12-27

10周年

昨日は渋谷ラッシュでDJしました。
僕の10周年を祝っていただきました。

なんというか、11月の富山の件が渋谷にも広がっていて「神谷に酒を飲ませるな」的な空気がありまして、主催のみっちゃんから「ロンリコはダメだよ!」と念を押されましたが、そもそも僕は自発的にロンリコが飲みたいと思った事は一度もない。ロンリコを飲まなきゃいけないという場面には何度も遭遇したが。

これは、このまま守られた感じでDJを終えたら、無難に始発の新幹線で帰れる。
そして明日は年末の大掃除をして、夕方からスロット爆勝ち。
という希望がうっすら見えた。

そんな穏やかな年末も悪くない。とぼんやり考えていたら、妙に鼻息を荒くした高橋くんが現れた。元OTOのスタッフだが、いまは近くのファミリーというクラブで働いているそうで、なんなら今からちょっとファミリーに飲みに行きませんか、ロンリコどーですか。出番は3時ですか。まだ時間ありますね。逆に出番前にロンリコどーですか。的な。
不吉な予感しかしないが、軽めに断ってみるとそれはそれは悲しい顔をされたので、僕は高橋くんよりさらに悲しい顔で「よし、ファミリー行こうか」と言った。

ファミリーには、僕と高橋くん、カツヤくん、ともう一人の四人で行った。カツヤくんは僕の見張り的な。御守り的な。
ファミリーに入って店長に挨拶。ああー、神谷くんか。床に転がってるの見た事あるよ。よく言われます。といういつもの感じ。
カツヤくんのおかげでロンリコは勘弁してもらえたし、ショット2杯で済んだが、このファミリーの店長が今日誕生日という事でショット+1。これは断れない。
まだこの程度なら大丈夫だが、このタイミングでこれを引くあたりが僕だよなと思った。

さすがに10周年を祝ってもらっているのに、他の場所で長居するのは良くないので、ショットの前に頼んだウーロンハイを四人でイッキしてラッシュに戻ろうという事にしたが、カツヤくんが「このウーロンハイが分岐点になる。これはイッキしてはいけない」と身の危険を感じ、イッキせず、僕と高橋くんはイッキして先に戻った。

カツヤくんはこの後ベロベロになってラッシュに戻ってきた。
分岐点はどーやらウーロンハイのひとつ前のショットだったのだろう。


ラッシュに戻ると、予想してたよりもたくさんの友達が来てくれていた。ありがたや。
さらに外国の人がふたり僕のファンで、フライヤーを見て遊びに来てくれていて、これがまたとても嬉しかった。この外国の人ふたりとテキーラを何杯か飲んだ。ここが今日の僕の分岐点であったが、迷う事なく、まっすぐにイバラの道を選んだ。


DJを終えたあたりから記憶がなくなって、
気がついたら家に帰っていた。


目を覚ますともう昼で、テーブルには彼女の置き手紙、身体には心電図をとった形跡あり、そして紙おむつ着用という、いま起きたばかりなのに目を覆いたくなる光景が広がっていたので、とりあえずもう一度寝た。夢であってほしい。


夕方、再び目が覚めた。もちろん夢じゃなかった。
しばらくして、彼女が戻ってきた。背筋をのばして正座で出迎えた。

彼女は僕の顔を見るなり、昨日のパーティー後の話を始めた。
開始わずか1分でもう耳を塞ぎたくなる内容だったが、ここで本当に耳を塞いだらビンタ確定、説教の上乗せ確定。怖いからちゃんと最後まで聞いたが、これがまた想像の範囲をはるかに越えていた。
酒癖の悪さで右にも右下あたりにも並ぶ者はいないと自覚していたし、もうこれ以上は無いと思っていたが、上には上がいた。そして、その上というのも悲しい事に僕だった。


話を終えると彼女が泣き出した。
介抱が辛かったからではなく、酔ったあとみんなにバカにされたり非難されたりしてる姿が見たくないと。僕自身は酔った後はみんなにバカにされたり蹴られたりするくらいで良いと思っているのだが、自分を大切にして欲しいのだそう。


こんな怒られ方をされた事がなかったので、僕は少し反省したし、ちょっと涙も出た。
自分を大切にしようなんて、あまり考えるタイプじゃなかったのだけど、これからは気をつけようと思った。

とりあえず早急にできる事と言えば、禁酒しかない。
いや、その前に紙おむつを脱がなければ。

2014-09-09

そして回胴王決定戦準決勝

前の日記のとおり。
渋谷の漫画喫茶で寝て、起きた僕はとても二日酔い。吐くし、立てないし、漫画喫茶から出れる気もしない。とりあえず2時間奮闘して、やっと出れた。僕は第二クールなのでまだ準決勝にも余裕で間に合う。


漫画喫茶を出て、会場へ。会場は神泉だったので宇田川町から歩いた。


14時半。会場に着くととりあえず暇。誰も知り合いがいない。
話が合いそうな人もいない。孤立。

30分ほどして、参加者が集められてそれぞれがまず抽選。台を選ぶ順番を決める。それが済むと各自ニックネームの書かれたプレートが渡される。「ニックネームは特に無いです」といってしまった僕ひとりだけが漢字のフルネームだった。場違いな感じがした。



そしてルール説明。説明中に別室で第一クールの人たちの結果発表をしていて、その発表の合間なのだろうか、どこからともなく全力の「LET IT GO」の歌声が聞こえてきて、それが第二クール説明のMCと同じくらいの音量だったため、説明が全く頭に入らなかった。

説明後。目押しチャレンジ。こんなのがあると思わなかった。
特別に設定された台で、フラグは毎回立っていて、狙えば必ず「十字斬り図柄」が揃う状態。それを90秒間でどれだけたくさん目押しできるかを競う。
台には「ノーマル」と「ハード」の2種類あって、ノーマルタイプは従来の4コマすべりするタイプで、ハードのほうはすべりなし。つまり3リールともビタ押し。ノーマルのほうは揃えるたびに30点。ハードのほうは揃えるたびに100点。その点数がそのまま、後の競技に追加されるコインの枚数として加算される。
昔、大花火で「歯の親知らずが顔が変形するほどに腫れていた状態でも一日トータルでビタ押しミスは2回しかなかった。そもそもそんなにミスらない」という私にとっては、もちろんハードで好成績をたたき出すべきだったのだが、いかんせん緊張と二日酔いと長年のブランクで自信が無かったのでノーマルへ。
今にして思えば、揃えた後に実践と同じく「十字切り演出」があるので、このタイムラグを考えると何回ミスったとしてもハードで挑んだほうがプラスだったかもしれない。まあ、二日酔いだから0点だった可能性のほうが大きいのだが、その言い訳すべてが男らしくなかった。気持ちよく0点が望ましい。


目押しチャレンジの後は、入場のリハーサル。
5人ずつ入場して、そこで区切って、壇上で「はい、でちゃう!」という合図とともに、でちゃうガールと同じポーズをとってから指定の場所へ移動するように指示された。普段恥ずかしがり屋の僕には「はい、でちゃう」は苦行でしかないはずなのだが、酒が残っていたせいなのかまるで楽しかった。リハーサルの最中に、近い番号で知り合った人たちに「俺、これ楽しい。不思議と恥ずかしくない」と言って、何度も素振りをして見せたほどに。
僕はまた酔っていたのだろう。本番でもまるで恥ずかしくなかった。


リハーサルの後に少し休憩。みんな「第一クールはどういう設定の入れ方をしたのか」を聞き回ったり奮闘していたが、僕は「結局5時間だし、慣れてるホールでもないのだから運でしょ」と決め付けて不勉強のまま挑んだ。
小役をカウントしても5時間じゃ分からない。偶数か奇数かくらいは見当が付くのでそれでいいやと思っていた。ただ「おとつチャレンジ」という演出だけは設定差がそこそこあるので、偶数奇数設定と共に、この演出だけはカウントしようと思った。それでも小役も数えてしまうのだが。


そして実践開始。

何の見せ場も無くサクっと負けた。なんというか結果的に引きが強すぎた。
おとつチャレンジの引きも、小役の引きも高設定を示唆していて、奇数設定の可能性濃厚な台だったので「これは5だな」とそのままごり押ししたが、結局その台は奇数設定ではあったが「1」だった。そりゃ負ける。情けないというか、引きが良かったせいで捨てれなかった。でもちょっと出た。


負けた後は、決勝進出者を祝ってからホテルに移動。敗者が勝者を祝福するのはこうも辛い物かと味わいながら渋谷から広尾まで歩いた。
ホテルに着いた後は風呂に入って、部屋着に着替えて、コンビニで酒とか食べ物とかたくさん買って、部屋で広げて、楽しく飲んで、そういえば中継の時「ニコニコ動画で何を言われてたんだろう」と気になって友達に電話して、教えてもらいながら焼酎を飲んだ。

ニコニコ動画では「連荘もしてないし、ぱっとしなかったので興味が無い」と芸人さんにバッサリ切られてほとんど映らなかったそうな。まあいい。



結論。どれだけ勉強しても不確定要素が多すぎてスロットは難しい。だから面白い。酒や女の子と似ているかもしれない。


来年もエントリーだけはしてみようと思った。王にはなれないだろうが。

2014-09-08

大仏バーナイトのその後

大仏バーナイトが終わりひと段落。
漫画喫茶で目覚めた僕は不思議なほどに二日酔いがなかった。

とりあえず荷物を整理して漫画喫茶から出ることに。靴下を紛失していたので買いにいこうと思ったが、それよりもまず、ジーンズのボタンがふたつほどちぎれて取れていたことに気がついた。
何を飲んでどーなるとここのボタンがちぎれるのかはもう考えない事にして、とりあえず代えのパンツを購入して、そのボタンのちぎれたジーンズはすぐにゴミ箱に捨てた。嫌な思い出とともに。

その後、下北へ移動。二日酔いが無かったから油断して加藤さんと飲みに行った。4時間ほどしっかりと。そして夜11時くらいに渋谷へ。

二夜連続のオルガンバー。今日はDJもする。
店に入ると、前回の日記でも書いていたように大仏君が集計していて、僕が優勝していたことを知り、チャンピオンベルトを授与。普段は写真の嫌いな僕でもベルトを巻いていたこの日はバンバン写真とられた。チャンピオンたる者、写真ごときは気さくに対応せねばなるまい。

前日の大仏バーナイトでは勢いよく飲んで撃沈したわけだが、この日はこの日でゆっくりと長時間飲み続けたので、それはそれでまた記憶が飛んだ。
チャンピオンたる者「昨日飲みすぎたから、今日は飲めません」なんて弱さは見せない。できることなら「どれだけ飲んでも倒れもしない」という強靭さも見せつけたいのだが、それほど超人的な能力は持ち合わせていない。とはいえ精神力でカバーできる範囲は常にほぼマックスの状態なので、これで倒れるのであればチャンピオンといえど仕方が無い。
たぶん僕の「記憶がなくなる限界ライン」は、のんびり飲んでも速く飲んでも、焼酎で言えば1リットル~1.5リットルくらいのようだ。


ふと気がつくともう昼で、僕はなぜか吉澤さん達とご飯を食べにきていた。
しばらくして解散。15時くらいに帰宅。覚悟はしていたものの、ここから想像を絶する二日酔いが待っていて、帰宅後からまるっと24時間ほどダメだった。


ぼんやりと平日を過ごした。どこまでが二日酔いで、どこまでがただの無気力か分からないような一週間だった。


そしてまた週末。今度は「第二回全国回胴王決定戦 準決勝」に参加のため、また東京。酒の次はギャンブル。できることなら二冠を狙いたいところ。

準決勝は土曜日だったのだけど、早起きできる気がしなかったので金曜の夜から行って、渋谷で泊まることにした。ついでに、先週授与されて、あんなに浮かれていたにもかかわらずサクっと置き忘れていったチャンピオンベルトを再び受け取りにオルガンバーへ。

せっかくなのでこの日もベルトを巻いてうろうろ。クボタさんにも褒めてもらった。乾杯した。たまきさんもやってきて、乾杯した。初対面の人とも話をして、乾杯した。来年は僕がベルトを貰いますという若い子達とも乾杯した。大仏君も寄ってきて、乾杯した。またクボタさんが・・・。

チャンピオンたる者「明日が準決勝なんであんまり飲めません」とは言わない。
ただ黙って椅子に腰掛け、ベルトを背中に隠して堂々と寝たふりをした。


結局4時までいたせいで、次の日は二日酔いが酷かった。
フラフラしながら回胴王決定戦の会場へ。


つづく。

2014-09-03

大仏バーナイト

8月4週目。木曜日。渋谷オルガンバーにて「大仏バーナイト」というパーティー。
簡単に説明すると「宇田川町 酒飲み最強決定戦」みたいな感じで、この界隈で酒の強いDJを大仏君がスカウトしてきて、集まって、潰し合って、一番飲んだ人にはチャンピオンベルトが贈呈される。という、1~2年に一度の酒飲みイベント。

僕は関係者でもなんでもないのだが、毎年「優勝候補」と持ち上げられて参加しつつも、もう一人の優勝候補の関口君(セッキー)にこっぱみじんこにされて、最後は土下座して「負け宣言」をさせられるという悲しいイベント。
「優勝候補」と持ち上げられてからの土下座は相当な落差で、南知多のバンジージャンプの比ではない。もうそんな落差を3回も経験しているので「もういいよ。勝てないし」と参加する気も失せていた。
前回などは土下座の前に「一度どこかに逃げ出して、隠れて泣いていた」という食玩なみの強烈なオマケまで付いてきて、土下座のほうがマシと思ったほどだ。
金もプライドも人間関係も健康な身体も「まっとうに生きよう」という前向きな気持ちも何もかも失って、何一つ得ることの無い日。

それでも参加するからにはと一度は奮起したものの、この日の一週間前に常盤さんと飲んで潰されて意気消沈。さらに当日の大仏バーナイトに向かう途中、スマホで「女子大生がサークルの飲み会で亡くなった」というニュースまで見てしまったから意気消沈どころではなくなった。


どんよりしながら新幹線に乗った。ちょっと遅めに行こうと思って「名古屋からのぞみ」でなく「豊橋からひかり」という行き方にしたにもかかわらず、豊橋から新横浜までノンストップのやつだった。へえ、そんなのあるんだあ。速いなあ。便利だなあ。くそう。
そして品川から山手線に乗り換えて渋谷へ。このまま山手線一周しようかとも思ったが座れなかったのでそれはそれで厳しいと思って降りた。せめてゆっくり歩こうと思って改札でたら結構強めに雨が降っていて、不本意だが走った。10時半にはオルガンバーに着いてしまった。神様は僕に何をさせたいんだ。


店に入ると大仏君が得点の説明をしてくれた。

こんな感じ。

得点に何かおかしな偏りは感じるものの、条件は皆同じなのでたぶん問題は無い。
この偏りを活かして「文句言われない程度にさくっと100点くらい出して帰ろうかな」と思ったが、なんと今年はセッキーが不参加という情報が来た。3回連続チャンピオンということで殿堂入りしたそうな。今度こそ本当に優勝候補じゃないか。。。見たくもない光が見えた。その光と同時に、見たくもない「明日の自分」も見えた。やはりやる気が出ない。

とりあえず100点目標で何か飲むことにした。
点数表からすると、スピリタスの15mlを2杯連続イッキするのが得策かと思われた。いま考えても、氷すらないビールを100杯飲んで100点取るよりははるかにマシではあるが、これは得策というか手っ取り早いだけで「それしか飲まない」と決めてかかるのはやはり得策ではなかったのだが、この時まだ僕は気がついていない。
その気がついていない事も残念だが、もっと残念なのは「100点に到達する頃には酔ってきて、やる気が出てしまった」という事だ。



その後はもう驚くほどの勢いで記憶がなくなった。夜2時くらいから覚えていない。
「やっぱり勝ちたい!」と思った数10分後には漫画喫茶の中にいた。というような感覚。

夕方4時に漫画喫茶で起きた僕はまず「チャンピオンベルトを持ってないかどうか」の確認をした。無かった。負けたのか。
で、そのあとに状況の確認をした。財布ある、記憶はもちろんない、二日酔いもない、携帯はある、靴下がない、チャンピオンベルトはやっぱりない。みたいな。

靴下が無いのと、なぜかTシャツを裏返しに着ているあたりで嫌な予感がした。
漫画喫茶の入店時間を見たら朝10時となっていた。もんのすごい長時間の記憶が無い。
入店後の朝10時から夕方4時の記憶ももちろんないが、そっちは問題じゃない。問題は入店するまでの経緯だ。いや、この漫画喫茶の部屋の散らかりようを見ると、こっちもこっちで問題があったのかもしれない。

そのあと、フェイスブックやツイッターで何か分かるかと思って調べようとしたけど、開いたとたんに床に倒れている僕の画像が飛び込んできたので、その写真一枚見ただけで携帯を閉じた。
あまりにもあっさりと「知らないほうがいい」ということが分かった。



金曜日。夜にオルガンバーに行くと、昨日の点数の集計をしていた。
全然スマートではなかったが僕はチャンピオンベルトを手に入れていた。
もうしばらく酒は飲みたくない。


1位 神谷直明 203点
2位 大仏 195点
3位 JUNYA from OATH 113点
4位 城内宏信 82点
5位 gaki from FAMILY 55点
6位 mic.b a.k.a 73 Pike Set from LODGE 39点
7位 ATSUSHI (FREEエントリー) 37点
8位 木村勝好 35点
同率9位 上田走 34点 
同率9位 DJ シンスケ 34点
11位 maico (FREE エントリー) 33点
12位 古川太一(FREE エントリー) 32点
13位 伊藤慶彦 from OTO 30点
14位 廣瀬大輔 28点
15位 野崎祥平 from GUEST 27点